製品ラインアップ

製品ラインアップ

p032

  • 定盤の選択方法
  • 目的別製品検索

高剛性縦型立体フラットボードVertical Flat Board

写真:縦型(ベースの定盤は含まれません。)

立体的な光学実験や光学計測を行うための縦型薄型ハニカム光学定盤です。

縦型の光学系に対応した光学部品などを組み付けるのに適しています。

種類

平面的な光学定盤に専用ブラケットを使って任意の場所に固定することで縦型光学系をくみ上げるベースとして等幅広くご使用いただくことができます。

実験内容やご用途に合わせてさまざまなフラットボードご用意しています。

 

高剛性縦型立体アルミハニカムフラットボード・・・軽量性と剛性を兼ね備えた標準的なタイプ

高剛性縦型立体非磁性フラットボード・・・磁性を嫌う実験にご使用いただけるタイプ

※ブラケットも非磁性材料でご用意いたします。

 

そのほかにもご要望に応じて製作致します。

特徴

・アルミハニカムを使用したサンドウィッチ構造は、軽量かつ高剛性という理由から、スペースシャトルや航空機の外壁な ど宇宙航空関係で幅広く使用されています。

・両面素材は着磁性ステンレスで全面にM6サイズのタップ加工を25mmXYマトリクスで施してあります。

・平面的な定盤上で組んだ光学系と合わせて、立体的な光学系を組むことができます。

・立体的に構築することで省スペース

・ハニカム定盤のため、軽量高剛性でたわみにくい

・三角リブ入り高強度ブラケット

両面とも着磁性ステンレスを使用し、ネジ穴加工(M6-25XYマトリクス)

※タップ加工はインチ規格での特注も賜ります。

※表面仕上げを黒色塗装で仕上げることも可能です。

  ブラケット2.jpg

両面ご使用いただけます。

※ベースの定盤は含まれません。

高強度ブラケットをご用意しております。

※ベースの定盤は含まれません。

 

仕様表

高剛性縦型立体アルミハニカムフラットボードの仕様表

形式 VFB-56 VFB-86
寸法(mm) 500 × 600 × 50.5T 800 × 600 × 50.5T
重量(kg) 30 44
機器取付面(両面) 着磁性ステンレス5tmm / 無塗装梨子地仕上げ / タップ加工M6-25XYmm(端面25mm残し)
定盤内部ハニカムコア材質 アルミ製

 

 

高剛性縦型立体非磁性フラットボード仕様表

形式 VFB-56-NM304 VFB-86-NM304
寸法(mm) 500 × 600 × 50.5T 800 × 600 × 50.5T
重量(kg) 30 44
機器取付面(両面) 非磁性ステンレス(SUS304)5tmm / 無塗装梨子地仕上げ / タップ加工M6-25XYmm(端面25mm残し)
定盤内部ハニカムコア材質 アルミ製

 

 

フラットボード固定用ブラケット(オプション部品)

  材質/仕上げ
VFB用 SS製/黒半ツヤレザートン焼付け塗装仕上げ
VFB-NM304用 SUS304製/黒半ツヤレザートン焼付け塗装仕上げ

 

※上記仕様に限らず、ご要望に応じ様々な形状のハニカム定盤を製作致します。
※詳細寸法について は、図面をご確認下さい。
※オプションで貫通丸穴加工、角穴加工、ザグリ穴加工対応できます。

お問い合わせ・資料請求

お電話でのお問い合わせは045-450-2211

  • WEBからお問い合わせ
  • お見積りのご依頼